<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Category
Archives
Recent Comment
Profile
Links
Search
Recommend
Admin
Mobile
<< グッドイヤー・イーグルLSエグゼ発表会 | main | BMW6シリーズ・クーペに試乗 >>

フェラーリ・レーシング・デイズ2012開催概要

昨日、フェラーリ・ジャパン2012年の活動概要などについて都内で会見を開きました。主な内容は、カスタマー向けの新たなサービスプログラム(7年間のメンテナンスプログラムやテーラーメイド車の新設など)と、オーナーやファンへ向けたイベントの開催告知でした。

ボクら一般庶民が気になるのは、やはりイベントですよね。来年3月16〜18日にフェラーリ・ジャパンが開催する“フェラーリ・レーシング・デイズ2012”は、フェラーリ・オーナーはもちろん、フェラーリ・ファンも大いに楽しめるお祭りになりそうなのです。
まず、開催地は三重県・鈴鹿サーキット。F1も行われている世界最高峰のコースです。

プログラムは多岐にわたります。フェラーリ・オーナーへ向けては、エキシビジョンレースや先導車付きの体験走行を実施。さらに、本国や海外でのイベント時で見られた、FXXや599XX、F1マシンのデモ走行も計画されています。ドライバーにはフェラーリF1チームのサードドライバーを務めるマルク・ジェネ選手が来日予定とのことです。

フェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役は、「500台以上のフェラーリ(新旧モデル問わず)に参加してもらい、サーキットを周回させるつもり。世界最高記録を目指す」とコメントしていました。全国のフェラーリ・オーナーの皆さん、3月16〜18日は鈴鹿を目指してください!


そしてイベントの中核は、写真上のフェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・アジアパシフィック2012の開幕戦です(写真は今シーズンの模様)。同シリーズは、458イタリアをベースにするワンメークレースで、アジア以外に欧米でもシリーズ戦が行われています。マシンが458になってからは日本初開催。レース風景はさぞや壮観でしょう。

なお、冒頭にも記載しましたが、同イベントはフェラーリ・オーナー以外もメインスタンドから観覧可能です。入場料は4000円(未就学児は3000円)で、パドックパスは3500円。詳しくは、今後フェラーリ公式HPなどで告知されていく予定です。

コメント
コメントする