<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Category
Archives
Recent Comment
Profile
Links
Search
Recommend
Admin
Mobile
<< 連休のお勧めイベント | main | スーパーオートバックス足立オープン >>

新型日産フーガ・デビュー!!

本日、新型2ndフーガが発売されました。新型は2.5L・V6と3.7L・V6の2種類のエンジンを用意し、価格帯は399万〜550万2000円。トランスミッションは全車7速ATを搭載しています。発表会場(写真)で志賀俊之COOは、「日産のフラッグシップカーとしてフルモデルチェンジしました」と宣言。同社の最上級パーソナルセダンとして、旧型から定評ある“走り”はさらに磨き上げ、質感や室内空間はクラストップを目指して開発されています。

モデルの詳細は、11月26日(木)発売の『カー・アンド・ドライバー1月号』でレポートしています!
フーガ370GT 価格:7SAT457万8000円 エクステリアは、歌舞伎の隈取りをイメージしたフロントマスクとFRらしいロングノーズ感が特徴です。個性はかなり強いですね。そのルーツは、コンセプトカーの“インフィニティ・エッセンス”から来ているそうです。
フーガ・フロント

新型の基本コンポーネントは、現行スカイラインやフェアレディZで使用される“FMプラットホーム”とエンジン&ミッションがベースですが、リアサスペンションは後席の乗り心地を向上させるため、新開発されています。

トランクをスポイラー形状にしたことで、エアロパーツなしで前後ゼロリフトを達成! 「空力性能はもちろん、静粛性や省燃費性でもライバルを上回っている」とメーカーは説明しています。
フーガ・リア

エンジン性能は3.7L(333ps/37圈Γ蹇法2.5L(225ps/26.3圈Γ蹇法2.5L車はエコカー減税に適合している点が光っています。
フーガ・エンジン

車内には日産車らしく、随所に“人間工学”に基づくアイデアが散りばめられています。370GT(写真はオプションの本革シート車)には、人の指の固さに近い触感を持つ合成皮革のソフィレスや、ソフト素材で仕上げたインパネなどを採用し、見た目だけでなく、感触にもこだわって仕立てられています。
適度な囲まれ感が、ドライバーズカーであることを感じさせます。
フーガ・インパネ

フーガ・シート
来年(2010年)秋には、シリーズ・パラレル方式のハイブリッドシステムを搭載する、ハイブリッド仕様も追加予定です。こちらの性能にもメーカーはかなりの自信を見せていましたから、いまからデビューが楽しみです。新型フーガと日産からは、来年も目が離せません。編集部:Y.S

コメント
コメントする