<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
Profile
Links
Search
Recommend
Admin
Mobile

アストンマーチンDB11発表会

今日は都内で行われた新型アストンマーティンDB11の発表会へ行って来ました。DB11は、今年3月のジュネーブ・ショーでお披露目されたDB9の後継車。日本での実車披露は今日が初めてでした。

日本ではまずはローンチエディション(2591万5720円)が販売され、その後通常モデル(2380万円)へ移行していくそうです(デリバリーは年末以降)。


DB11の情報は、9月26日(月)発売の『カー・アンド・ドライバー11月号』内「ワールド・オートモーティブ・ニュース」に掲載予定!
続きを読む >>

『カー・アンド・ドライバー10月号』は明日、発売です

明日、発売の『カー・アンド・ドライバー10月号』は、Jスポーツファンにとって永久保存版の内容でお送りします。

「新車解説」は、ホンダNSXと日産セレナ「試乗記」は、メルセデス・ベンツEクラスやマツダ・アクセラ、ジャガーFペイス、プジョー308など盛りだくさんです。

特集は、1st・NSXがデビューした1990年前後をヒューチャーした「1989−1995の記憶」です。1st・NSXや2ndトヨタ・スープラ、三菱GTO、Z32型日産フェアレディZ、ユーノス・コスモなど、世界を席巻した歴史的モデル14台を当時の記事と写真で振り返っています。

続きを読む >>

スーパー・フォーミュラ第4戦を取材

8月21日(日)に決勝が行われたスーパー・フォーミュラ(SF)第4戦を取材してきました。会場の栃木県・ツインリンクもてぎには約1万6500名の観客が訪れ、気温32度の暑い中、選手へ声援を送っていました。

続きを読む >>

10月号の「スポーツカーファイル」はアウディR8です

来週、8月26日(金)発売の『カー・アンド・ドライバー10月号』内「スポーツカーファイル」では、新型アウディR8を取り上げます。キープコンセプトで第2世代へフルモデルチェンジした新型を初めてチェックできました。


撮影協力●川崎市市民ミュージアム
続きを読む >>

10月号の「ユーザーの不満と満足」はホンダS660です

来週8月26日(金)発売の『カー・アンド・ドライバー10月号』内「ユーザーの不満と満足」では、ホンダS660を取り上げます。デビュー前から大量のバックオーダーを抱え、生産台数が月間1000台程度とはいえ、納期に半年以上を要していたヒット車です。

今回もいつものように売れ筋グレードのαのMT車を借り出し、再チェックしてみました。ボクは高知県の一般道で試乗して以来、S660には触れていなかったので、走り慣れた首都高や東名高速、箱根などでしっかり試乗しました。

続きを読む >>

スーパーGT第5戦を取材

スーパーGT第5戦の決勝レースを取材してきました。富士スピードウェイの天候は晴れ、気温は30度超、日差しが強く、暑い一日でした。

それでもピットウォークやグリッドウォークでは写真のような大賑わいで、スーパーGTの人気の高さを実感できました。


スーパーGT第5戦のレポートは、8月26日(金)発売の『カー・アンド・ドライバー10月号』内「レース情報」に掲載!
続きを読む >>

オートモビル・カウンシル2016を取材

今日は8月7日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催中のオートモビル・カウンシル2016を見てきました。

今回が初開催となる同イベントは、その名称のとおり後世に残すべき自動車遺産(名車)が展示されています。これまで名車・旧車系のイベントというと、旧車のレストアショップが中心となっていましたが、ここでは主要自動車メーカーと正規インポーターもブースを出している点が特徴。これまで新車と旧車(中古車)は相反するところがあり、いっしょに軒を連ねることはまずなかったのですが、ここでは仲良く並んでいます。

まさに温故知新が一つの空間で体感できる、文化的意義のあるイベントというわけです。

ちなみに写真下は日産ブース。今年は日産とプリンスが合併してから50周年ということで、それにちなんだスカイラインGT系の展示をしています。


オートモビル・カウンシル2016のレポートは、8月26日(金)発売の『カー・アンド・ドライバー10月号』内「シティ情報」に掲載予定!
続きを読む >>

ダイハツ・ハイゼット・キャディーに試乗

先日、6月にデビューしたダイハツ・ハイゼット・キャディーに試乗してきました。グレードは最上級のX・SA兇裡藤銅(142万200円)です。

キャディーはウェイクがベースの商用車。ハイゼットのようなキャブオーバータイプのバンとは成り立ちが異なります。登場の経緯は小誌にも記載していますが、町の商店が小口配送でタントやウェイク、トヨタ・シエンタ、ホンダ・フリードなどを活用している様子を見て、「4ナンバー仕様を出したら受けるかも」と考えて開発したモデルです。開発はウェイクの後に行ったそうですから、短期間でのデビューとなりました(開発主査はウェイクの方がそのまま担当)。


ハイゼット・キャディーのレポートは、現在発売中の『カー・アンド・ドライバー9月号』内「今月の試乗記」に掲載!
続きを読む >>

アストンマーティンが2台の特別限定車をお披露目



今日は都内で行われたアストンマーティンの発表会へ行って来ました。2台の特別限定車の存在感は、ベース車を遙かに上回るものでした。
続きを読む >>